大切なことはお茶の間で学んだ

うちのリビングにある本から、いいな☆ミと思ったところを、ご紹介します。どれも自分のためになる本ばかりです。そして、しつもんで振り返ってみましょう。ぜひしつもんを考えて、答えてみてください♪

大切なこと:信頼される

先日の会見で「信頼関係はありましたか?」の質問に答える学生を見て感じました。
そもそも、監督・コーチは学生に信頼されようとしていたのだろうか?
パワハラやセクハラをする人は、相手に信頼されようとしているのか?
理不尽なことを要求する人は、相手に信頼されようとしているのだろうか?
“信頼が大切だ”と、そもそも思っていないのかもしれないな、と。
けれども、“信頼がない人間関係”って、その結末は“破たん”しかない。
ここまで書いてみて、“人間関係”を築こうと思っていないのかも、と思ってしまった。
 ……━━━━━━━━━━━━━……
人と人の関係で生まれる信頼を貯えておくことを
銀行の口座にたとえて、信頼口座と呼びことにしよう。
それは、人間関係における安心感でもある。
たとえば私があなたに対して
礼儀正しく接し、親切にし、約束を守れば
信頼口座の残高が増える。
残高が多くなるほど、あなたは私を信頼してくれるから、
私は必要なときにいつでも、
あなたの信頼を頼ることができる。
何か失敗をしても、私に対するあなたの信頼レベルが高ければ、
つまり信頼残高が多ければ、それを引き出して補うことができる。
私の言葉に足らないところがあっても、
あなたは私の言いたいことを察してくれるだろう。
たった一言で仲たがいする心配はない。
信頼口座の貯えが多ければ、コミュニケーションは簡単に、すぐに効果的になる。
……
人間関係において応急処置は幻想にすぎないことを肝に銘じてほしい。
人間関係は、築くにも修復するにも、時間がかかる。
息子がまるで反応をみせず、感謝の気持ちを微塵も示さないからといって
忍耐をなくしたりしたら、それまでに積み立てた信頼を一気に取り崩すことになり、
せっかくの努力も水の泡になってしまう。
……
辛抱強く待つのは簡単なことではない。
主体的になり、自分の影響の輪の中で努力するには高い人格が要る。
根が土中にしっかりとついているかどうか見たいからといって
花を引っこ抜くようなまねをせず、
相手が成長するのをじっと待たなくてはならないのだ。
……
人間関係に応急処置は効かない。
関係を築くこと、修復をすることは、
長い時間をかけて人間関係に投資することなのだ。

……━『完訳7つの習慣』より抜粋 ━……


★★★  信頼の預け入れをするために、何ができますか? ★★★



●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○

〇『7つの習慣』をいっしょに読んでみましょう。
6月は、時間の使い方について考えます。
家族・パートナーを大切にしつつ、仕事に、健康やストレスにも対応できる時間の使い方!
かめしま なおこ 2018年4月7日13:30~「主体性」についていっしょに考えませんか?かめしま なおこ 2018年6月2日13:30~時間管理(大切なことを優先して、自分もまわりの人も笑顔ですごす)



●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○

このブログの内容や告知などをメールマガジンでも配信中です。よろしければ登録ください。
かめしま なおこ 【大切なことはお茶の間で学んだ】


完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

  • 作者: スティーブン・R・コヴィー,フランクリン・コヴィー・ジャパン
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 2013/08/30
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログ (9件) を見る