大切なことはお茶の間で学んだ

うちのリビングにある本から、いいな☆ミと思ったところを、ご紹介します。どれも自分のためになる本ばかりです。そして、しつもんで振り返ってみましょう。ぜひしつもんを考えて、答えてみてください♪

大切なこと:話をきく

夫婦、親子、対お客さんなど、すべての関係はここから…ですね。
 ……━━━━━━━━━━━━━……
ほとんどの人は、相手の話を聴くときも、理解しようとして聴いているわけではない。
次に自分が何を話そうか考えながら聞いている。

……
すべての物事を自分のパラダイムのフィルターに通し、
自分のそれまでの経験、
いわば自叙伝を相手の経験に重ね合わせて理解したつもりになっている。
……
自分が正しいのだと思い、自分の自叙伝を押しつけようとする。
まず自分が理解されたいのである。
会話をしているようで実は独り言をいっているだけなのである。
だから相手の内面で起きていることを理解できずに終わってしまう。
……
共感による傾聴とは、
まず相手を理解しようと聴くことであり、
相手の身になって聴くことである。
相手を理解しよう、本当に理解したいという気持ちで聴くことである。

……━『完訳 7つの習慣』より抜粋 ━……

★★★話している人は、どんな気持ちだろう?★★★

●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○

○わたしがファシリテーターをやります↓
resast.jp

●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○

このブログの内容や告知などをメールマガジンでも配信中です。よろしければ登録ください。
かめしま なおこ 【大切なことはお茶の間で学んだ】


完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

  • 作者: スティーブン・R・コヴィー,フランクリン・コヴィー・ジャパン
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 2013/08/30
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログ (9件) を見る